主要著書紹介

『考える心のしくみ:カナリア学園の物語』(三宮真智子著)北大路書房 113頁 1200円+税

『考える心のしくみ:カナリア学園の物語』表紙

本書の内容は,私(三宮)が2008年度まで在職した前任校で行っていた授業,鳴門教育大学版「思考支援の認知心理学」の中から生まれました。この授業は,修士課程に在籍する現職教員の方々を主な対象とし,私たち人間の思考のメカニズムや直感の落とし穴に対するメタ認知を促すことを目的としました。本書は「認知心理学ビギナー」や中高生を対象として,日常の判断でつい誤りそうなポイントを選んで「物語仕立て」に構成しました。執筆途中の原稿を毎回授業で配布し,受講生から多くの感想や励ましをいただきました。受講生の反応にすっかり気をよくした私は,表紙と本文中のイラスト,写真も自分で仕上げました。


目次とウェブコンテンツはこちら(研究室ページ「心理学を日常に」)。
読書の森へ(p.169)
本書は,三省堂中学校3年生用国語科教科書(2006年度版~)「読書の森へ(p.169)」で紹介していただきました。

←図をクリックすると拡大します。

  
Copyright © Communication & Thinking LAB All rights reserved.